2007年6月2日 CBL公式戦 天津雄獅−上海金鷹 天津道奇棒球場
 

Aゲーム前半戦


 @ゲーム開始前 A前半 B後半・ゲーム終了後

天津先発・蘇長龍
上海は初回三者凡退
天津は一番から安打・四球ではやくも無死一二塁の得点機
孟昭蓬の右飛で二塁走者が三進。つづく4番王超(画面中央下・背番号25)のセカンド後方への安打で天津が1点先制
照明塔が灯り本格的なナイトゲームに。2回表の上海は四球、二塁打、死球で無死満塁の反撃機を得る。
しかし、7番から9番までなんと三者連続三振。無得点に終わる。
山東省済南から長躯バスで駆けつけた少年野球団
2回裏天津。先頭打者羅玉斌(打者走者・背番号21)の中前安打。
電光掲示板にも“HIT”の文字が。横の動物はなんだかよくわからない(獅子には見えない)。
さらに盗塁を決める羅玉斌
一死一二塁。打者は9番[女兆][金云磊
ショートゴロの間に1点追加。さらにこのあとエラーがあり、さらに1点。
天津隊の吉祥物(マスコット)
頭はかなり重い(らしい)
ナイトゲームになり、きれいにとれた写真が少なくなっていきます
3回表上海は1番から三者凡退。その裏天津。先頭孟昭蓬はショートゴロ
4番王超(結果・セカンドゴロ)
5球で簡単に二死をとったのに、5番楊国剛に四球。もったいない。
結局この後、2安打に2エラーがかさなり3失点。上海と天津の差がありありと出た。
5回表上海。先頭8番夏正彦が死球で出塁。
次打者ピッチャーゴロで一塁走者二塁封殺も、遊撃手が一塁へ悪送球。一死二塁となる。
1番に返って李濤。反撃のチャンス(写真はファール)
李濤は期待にこたえレフト前ヒット。
さらに盗塁を決め、一死二三塁とする。
しかしこの絶好の機会も、2番[赤β]国臣、3番魏宗海が連続三振。無得点。
対する天津はその裏、一死後楊国剛がセンター前ヒット。
つづく羅玉斌のライト線へのあたりで楊国剛が長駆生還
 5回を終えて7−0で天津のリード。上海は好機を何度も逸し、天津は相手のミスもあり、好機をことごとくものにする。ワンサイドゲームの気配もただよう。

TN
上海金鷹3
天津雄獅78

@ゲーム開始前 A前半 B後半・ゲーム終了後
inserted by FC2 system