中国棒球聯賽2004年日程と結果


 今シーズンは試合数が増えて全72試合に。昨年の下位チーム、上海と広東のホームで
開幕します。開幕式典は4月2日、上海にて試合に先立っておこなわれます。

    4月2日 14:30 2004年棒球聯賽開幕式 上海康貝

一 1 4月2日 15:00 上海金鷹0−1北京猛虎 上海康貝 4・2上海顛末
一 2 4月2日 18:30 広東獵豹3−13天津雄獅 広州天河

二 3 4月3日 15:00 上海5−4北京 上海康貝
二 4 4月3日 18:30 広東8−2天津 広州天河

三 5 4月4日 10:00 上海0−9北京 上海康貝
三 6 4月4日 10:00 広東4−3天津 広州天河

 北京2勝1敗
 広東2勝1敗
 天津1勝2敗
 上海1勝2敗

四 7 4月9日 15:00 上海4−2天津 上海康貝
四 8 4月9日 18:30 広東3−5北京 広州天河

五 9 4月10日 15:00 上海2−7天津 上海康貝
五 10 4月10日 18:30 広東8−5北京 広州天河

六 11 4月11日 10:00 上海2−8天津 上海康貝
六 12 4月11日 10:00 広東1−12北京 広州天河

 北京4勝2敗
 広東3勝3敗
 天津3勝3敗
 上海2勝4敗

七 13 4月16日 15:00 北京3−0上海 北京豊台
七 14 4月16日 15:00 天津6−9広東 天津道奇

八 15 4月17日 9:00 北京3−2上海 北京豊台
八 16 4月17日 15:00 天津6−12広東 天津道奇

九 17 4月18日 10:00 北京3−0上海 北京豊台
九 18 4月18日 10:00 天津6−8広東 天津道奇

 北京7勝2敗
 広東6勝3敗
 天津3勝6敗
 上海2勝7敗

 ○上位と下位の差がはっきりしてきましたね…。意外なのは去年ぶっちぎり一位だった
  天津ですが…。とにかく次節は勝ちたい天津・上海の両チームです。

十 19 4月23日 15:00 北京6−2広東 北京豊台
十 20 4月23日 15:00 天津2−12上海 天津道奇

十一 21 4月24日 9:00 北京4−0広東 北京豊台
十一 22 4月24日 15:00 天津8−4上海 天津道奇

十二 23 4月25日 10:00 北京2−5広東 北京豊台
十二 24 4月25日 10:00 天津3−2上海 天津道奇

 北京9勝3敗
 広東7勝5敗
 天津5勝7敗
 上海3勝9敗

十三 25 4月30日 15:00 上海(雨天中止)広東 上海康貝
十三 26 4月30日 15:00 天津2−1北京 天津道奇

十四 27 5月1日 10:00 上海3−9広東 上海康貝 観戦記
十四 28 5月1日 15:00 天津6−2北京 天津道奇

十五 29 5月2日 10:00 上海2−4広東 上海康貝
十五 30 5月2日 10:00 天津7−0北京 天津道奇

 北京 9勝 6敗
 広東 9勝 5敗
 天津 8勝 7敗
 上海 3勝11敗

 ○首位北京大ブレーキ、なんと3連敗。雨で1試合少なかった広東に勝ち点でならばれ
 ました(日本式で計算すれば広東が「0.5ゲーム差で首位」なのですが)。逆に天津は
 北京を食って(CBLウェブサイト上では「雄獅咬猛虎」)一気に勝ち越し。上海だけが
 負け越し。ひとりで借金を背負っています…。

十六 31 5月7日 18:30 広東4−2上海 広州天河
十六 32 5月7日 15:00 北京0−4天津 北京豊台

十七 33 5月8日 18:30 広東2−10上海 広州天河
十七 34 5月8日 9:00 北京0−1天津 北京豊台

十八 35 5月9日 10:00 広東6−0上海 広州天河
十八 36 5月9日 10:00 北京2−5天津 北京豊台

 広東 11勝 6敗
 天津 11勝 7敗
 北京  9勝 9敗
 上海  4勝13敗

 ○北京またも3連敗!これで7連敗となり、一気に3位に転落。首位には広東がた
  ちました。
 ○上海、順調に「1勝2敗」ペース…。
 ○来週はオールスターゲーム(北京 vs その他 @北京)。公式戦はお休み。昨
  年優勝チームとしてほかの3チームオールスターを迎えうつ北京ですが…いま
  チーム状態はどん底なのでは…

     5月15日 18:30 中国棒球祭 北京
     5月16日 18:30 中国棒球全明星賽(オールスター)
               全明星6−5北京 北京豊台

十九 38 5月21日 15:00 上海3−2北京 上海康貝
十九 38 5月21日 18:30 広東0−10天津 広州天河

二十 39 5月22日 15:00 上海2−3北京 上海康貝
二十 40 5月22日 18:30 広東6−3天津 広州天河

二十一 41 5月23日 10:00 上海1−8北京 上海康貝
二十一 42 5月23日 10:00 広東1−3天津 広州天河

 天津 13勝 8敗
 広東 12勝 8敗
 北京 11勝10敗
 上海  5勝15敗

 ○北京の連敗が8でストップ。
 ○天津の連勝は9でストップ。
 ○この間に天国と地獄がすっかり入れ替わった両チーム。日本風に言えば「6ゲーム差大逆転」

二十二 43 5月28日 15:00 上海2−4天津 上海康貝 観戦記(準備中)
二十二 44 5月28日 18:30 広東1−8北京 広州天河

二十三 45 5月29日 15:00 上海3−16天津 上海康貝(8回コールド) 観戦記(準備中)
二十三 46 5月29日 18:30 広東1−0北京 広州天河

二十四 47 5月30日 10:00 上海6−1天津 上海康貝
二十四 48 5月30日 10:00 広東4−1北京 広州天河

 天津 15勝 9敗
 広東 14勝 9敗
 北京 12勝12敗
 上海  6勝17敗

 ○折り返し点も過ぎ、北京が徐々に脱落の気配。優勝争いは2チームにしぼられていく
  のでしょうか。来週末は直接対決3連戦(っていっても、どっちが1位でも2位でも
  最終的には7月のチャンピオンシップで対戦しなおすんですけどね)。

二十五 49 6月4日 15:00 北京6−2上海 北京豊台
二十五 50 6月4日 18:30 天津1−0広東 天津道奇

二十六 51 6月5日 9:00 北京1−4上海 北京豊台
二十六 52 6月5日 18:30 天津0−5広東 天津道奇

二十七 53 6月6日 14:30 北京14−4上海 北京豊台(7回コールド)
二十七 54 6月6日 10:00 天津11−1広東 天津道奇(7回コールド)

 天津 17勝10敗
 広東 15勝11敗
 北京 14勝13敗
 上海  7勝19敗

 ○直接対決を制した天津がリードを広げています。6日の試合の11得点はなんと3回裏 
  1イニングであげたもの。どういう野球やっとんじゃ。
 ○上海は今週も1勝2敗。勝ち越せません。5日の一勝は今季はじめて北京であげた白
  星ということになりました。
 ○上位2チームが争っているあいだに北京が少しづつ息を吹きかえしているようです。
 ○私事ですが、この週から中国の野球ファンクラブのメールマガジン上で大熊の日本
  野球紹介記事の連載がはじまりました(正確には月曜日発行なので翌週)。

十三 25 6月8日 14:30 上海3‐5広東 北京豊台
二十八 55 6月11日 15:00 北京10−0広東 北京豊台(8回コールド)
二十八 56 6月11日 18:30 天津8−2上海 天津道奇

二十九 57 6月12日 9:00 北京8−0広東 北京豊台
二十九 58 6月12日 18:30 天津7−1上海 天津道奇

三十 59 6月13日 10:00 北京4−5広東 北京豊台(延長11回)
三十 60 6月13日 10:00 天津8−4上海 天津道奇

 天津 20勝10敗
 広東 17勝13敗
 北京 16勝14敗
 上海  7勝23敗

  三十一 61 6月18日 18:30 広東2−4上海 広州天河
三十一 62 6月18日 18:30 天津3−6北京 天津道奇

三十二 63 6月19日 18:30 広東6−2上海 広州天河
三十二 64 6月19日 18:30 天津5−10北京 天津道奇

三十三 65 6月20日 10:00 広東2−7上海 広州天河
三十三 66 6月20日 10:00 天津3−10北京 天津道奇

 天津 20勝13敗
 北京 19勝14敗
 広東 18勝15敗
 上海  9勝24敗

 ○北京が3連勝でとうとう2位まで巻き返してきました。
 ○1〜3位はそれぞれ1ゲーム差の大接戦なのですが…。

三十四 67 6月25日 15:00 上海1−5広東 上海浦東
三十四 68 6月25日 15:00 北京5−8天津 北京豊台

三十五 69 6月26日 15:00 上海3−7広東 上海浦東
三十五 70 6月26日 15:00 北京7−4天津 北京豊台

三十六 71 6月27日 10:00 上海2−0広東 上海浦東
三十六 72 6月27日 9:00 北京11−9天津 北京豊台

レギュラーシーズン終了

 天津 21勝15敗
 北京 21勝15敗
 広東 19勝16敗
 上海 10勝26敗

 ○直接対決を勝ち越した北京がとうとう最終戦で同率首位に。これならチャンピオ
  ンシップをやる価値もあるってものです。
 ○最後にチャンピオンシップ出場を逃した広東。ここで上海に3連勝していれば同
  率で3チームがならぶところでしたが…。
 ○上海は最終戦で勝ってなんとか10勝目。来季は上位との差をもっとつめたいと
  ころ。業務提携相手の大阪近鉄の存続問題の結果如何では来季も苦しいか?

决賽 73 7月2日 北京 0 − 2 天津 (北京)
  74 7月3日 北京 2 − 8 天津 (北京)
  75 7月9日 天津 3 − 5 北京 (天津)
   76 7月10日天津 0 − 5 北京 (天津)
   77 7月11日天津 2 − 4 北京 (天津)

 ○北京猛虎が優勝。
 ○すべてホームチームが敗れるという2003年日本シリーズと正反対の結果。
 ○天津は2年続けてチャンピオンシップでやぶれるというくやしいけっかになりました。

 シーズンMVP 孫嶺峰(北京)
 最多安打 孫嶺峰(北京)
 最多本塁打 ESTERLIN(広東)
 最多得点 孫嶺峰(北京)
 最多盗塁 孫嶺峰(北京)
 最優秀守備 劉軍(天津)
 最優秀投手 EDWIN(広東)
 最優秀左投手 張万軍(天津)
 最優秀右投手 李晨浩(北京)
 最優秀新人 張偉(北京)
 優秀監督 該当者なし
 優秀審判 馮[止支]峰(北京)
inserted by FC2 system