3月3日 WBCアジアラウンド  於 東京ドーム

 日本 01104327 18
 中国 00020000  2

        (規定により8回コールド)


投手:
 日本 ○上原(5・2)−S清水(3・0)
 中国 李晨浩(3・1)−●趙全勝(1.1・4)−卜涛(1・2)−徐錚(1・2)
   −李帥(0.2・3)−李宏瑞(0・3)−黄権(1・0)

本塁打:
 日本 西岡(5・3ラン) 福留(5・ソロ) 多村(7・2ラン)
 中国 王偉(4・2ラン)

 

 中国善戦!と申しあげてよいゲームでしょう。点差はおおきく開きましたが、中国代表
各選手の可能性を感じさせる場面もおおく、みどころのある試合でした。もちろんそもそ
もの実力の差がたいへんおおきいうえに、チャンスをつくっても乗りきれないツメのあま
さ、守備の連繋のまずさなど、従来からかかえていた問題はあいかわらずなれど、それは
それ、まずは前向きにいい面をひろっていくことにいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

←ちょっとぼやけておりますが
 投手:李晨浩(中国先発投手)
 打者:イチロー
  です。

 日本に犠牲フライなどで2点を先取されたあとの4回、上原のストレートを6番王偉がライトへ
2ランホームラン!簡単にストライクをとりにきた球でした。正直言って上原は中国を甘く見すぎ
てたんじゃないんですかね。多分データもビデオもろくにみてなかったのでしょう。そもそも中国
を見下していたうえに、6番打者だというので簡単に打ちとれると考えていたと、そんな感じの投
球でした。たしかに中国は実力ではおおきく劣る相手、それでも相手のことをほとんど知らないま
まに勝手に甘く見るのはどうなんでしょうね、しかも国際試合で。王偉が2004年には中国リーグで
ホームラン王をとった打者だというの知らなかったんだろうなあ。も加えて上原は投球のテンポと
コントロールで勝負してきたピッチャー、決して球威で抑える投手ではない。甘く入れば打たれます。
2003年のオリンピック予選でも中国戦でホームラン打たれてるんですがね、上原は。忘れたんですか
ね。なにはともあれわたしはたいへん溜飲をさげました。初回に盗塁を見事に刺した王偉も立派でした。

 昨秋のアジアシリーズで見られた、つながりのない大振り打線もかなりの変化がみられた。上原
から5回で7安打をはなったこと、そのなかでも5回の集中打(ヒット→ヒット→遊ゴロ→ヒット)
は見事。この回3安打目となる楊国剛のセンター前へのあたりは、つまって決していい当たりでは
なかったが、大振りせずに振りまけずにセンター方向へはじきかえした、昨秋の中国打線にはあま
りみられなかったバッティングであった。この一死満塁のチャンスに四番張玉峰がダブルプレーに
たおれたのはいたかった。しかし、中国打線も得点までもう一歩、すこし違えば連打で一点二点は
とれる、というところまで来ていることを存分に見せつけてくれた。結果は大差負けであったが、
観客の印象とはちがい、フィールド上の選手や監督は予想外に苦戦した印象をいだいたのではなか
ろうか。

 

 一方守備のまずさが目立ったのはあいかわらず。外野手が抜かれていない、まえでおさえた打球
なのに打者走者にセカンドをゆるしたり、返球をあせるあまり打球をつかみそこねるシーンが散見
されたり、内野手が中継にはいっていなかったり…不慣れな球場、東京ドームというプレーしにく
い環境ということを考慮に入れてもやはりチームプレーのまずさは明らかであった。防ぎ得るミス
も多くあったことを考えれば、現時点では日本に勝つことはほぼ不可能としても、うまくやれば10
対5ぐらいにはなるんじゃないか、という期待はもたせてくれる。残念だったのは昨秋千葉ロッテ
戦で好投の趙全勝が打ち込まれたこと。柱となれる投手が数少ないのもいまの中国代表の弱み。ひ
とりたよりになるのが打たれるとガタガタっとくずれてしまう。

 でも、終盤多少だれたことは否定できないけれど、点差のわりには楽しめた試合でした。日本選
手も、序盤に手こずって、おっ、これはまずいぞ、と思ってくれたおかげで真剣勝負の雰囲気も出
ていた。
 最後までわかってなかったのは日本のファンですね。一部の人だと信じたいけど、あれば野球ファ
ンではない。ただ日本に勝ってほしいだけ。相手のことなど全然知らないくせに見下す。中国には
ホームラン打てるバッターも、140キロを投げるピッチャーがいることも知らない。いるはずがない
と思っている。なんにも知らないくせに。自チームのいいプレーより相手のミスを期待し、よろこ
ぶ。国際大会ですよ、両チームともに質の高いプレーをして、質の高いゲームを見せてくれるのを
期待しないのか。格下の相手のミスを待ち、こころないことばをあびせかけて楽しいのか。選手も
いい気持ちしないと思いますよ、日本の選手もね。王監督のいうように、アジアの野球をリードし
ていこうというのなら、見る側の質もよくならなければ、こまります。今後。
inserted by FC2 system